多くは高欄の一部に使用されています。また、ガードやエントランスなどにアクセントとしての応用も可能です。
下の画像をクリックすると、大きな画像で見ることができます。
 




ワイピング塗装により、いぶし銀やいぶし銅、青銅などをリアルに表現いたします。門扉、フェンスなどのエクステリア製品、親柱や銘板、レリーフパネルなどの高欄関係に幅広く採用されております。


下の画像をクリックすると、大きな画像で見ることができます。



特殊塗装や粉体塗装により、白御影や黒御影石調に仕上げます。銘板や親柱などに使用されております。

下の画像をクリックすると、大きな画像で見ることができます。






▲TOP